Regular

お湯呑みを削っています。

カンナを当てた瞬間にシュルシュルと

削りくずが必ず出て、手元が見えにくくなります。

見やすく、次の作業にすぐに移るために

ふっ、と息をかけて吹き飛ばします。